<< 睡眠管理も受験のうち | main | 相模原高校 学力向上進学重点校エントリー校へ >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

適切に分からないと答える

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

国語の演習をしている生徒がノートとワークを持ってきました。

 

確認をした後に「何かありますか?」と尋ねると

 

「短歌のページで教科書に出ていた俵万智の問題が無いのはなぜですか?」

 

と訊かれました。

 

久々に生徒に「うーん、分からない」と返答する質問になりました。

 

日頃は「分からないことは何でも聞け!」と勇ましいことをいっている塾長としては

 

ちょっと面目が保てない質問でしたね。(笑)

 

 

学力を上げるためには適切に「分からない」と答えることが必要です。

 

質問に対して何でもすぐに「分からない」と答えるのは

 

考えることを面倒臭がって拒否している生徒に多いです。

 

考えることから逃げて賢くなることはありません。

 

しかし一方で、なんでも無理やり答えをひねり出せというわけではありません。

 

例えば「分かりますか?」と訊かれたのなら「分からない」と答えても良いわけです。

 

あるいは「どう考えても分からない」と言える上記の俵万智さん問題については

 

塾長も「分からない」と答えたように、どうあがいても無理なものは無理ですね。

 

だから、「あがけば爪痕ぐらいは残せるはず」と「無理なものは無理」

 

を適切に見分けて「分からない」と答えられるようになってほしいです。

 

今の塾生諸君はまだまだ、「分からない」の使い方が良くないので

 

まずは頑張って答えることろからやってもらってます。

 

それを少しでも解決できるように塾長も指導しています。

 

 

今年も夏期数学特訓を開講します。

 

演習を重ねることで理解を深め定着を増し、得点アップを狙います。

 

考えて解くという当たり前のことができていないから点が取れないのです。

 

その当たり前を身につけるために練習するのは時間がかかります。

 

だからこそ、長期休暇に取り組んでもらいたいのです。

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
◎短期集中・受験への国語講座
 2時間×4日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
◎短期集中・県相への数学講座
県相受験のために数学の得点力を上げたい方のための短期講座です。2時間✕4日間で弱点を潰すための徹底特訓を行います。数学を学習するとは、問題を解くとはどういうことかを体験してもらいます。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM