<< 生徒に合わせて微調整してます | main | 6/17(土曜日) 6/18(日曜日)のテスト対策演習会 >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

文章題が苦手な中学生は小学生の文章題へ

連立方程式の分野で子どもたちに難関になるのが

 

食塩水の混合問題です。

 

この問題が出来ない生徒には2つの壁があります。

 

一つは濃度についての考え方が身についていないということです。

 

小学校の頃に学習する割合の分野の演習が足りません。

 

思い切って小学生向けの問題に取り組みましょう。

 

そこで濃度の理解をすすめることで、

 

連立方程式の立式が少し出来るようになります。

 

もう一つの壁は、何について立式するかが考えられてないことです。

 

文章で述べている通りに立式する事ができないのは

 

「何と何がイコールなのか」を読み取れていないことになります。

 

方程式は左辺と右辺を等号で結んだものです。

 

何と何が等しいと文中で述べているかがわからないのは

 

国語のレベルの問題ですね。

 

ですから、何と何が等しいのかを探しに行く練習をしましょう。

 

立式する際に、言葉で表現した式から始めれば良いです。

 

 

一応裏技といいますか、コツもあると言えばあります。

 

「濃度+濃度=濃度」という計算はできないと考えれば

 

「食塩+食塩=食塩」の式を中心に考えるべきだ、

 

という思考方法はその一つですね。

 

ただそういうもので解けるようになることは

 

将来の学力とは別のものですから、

 

上記2つがクリアできてからでも良いのです。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM