<< 2017年04月07日のつぶやき | main | 小学生のうちに地図帳と仲良く >>

残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

受験方法を考えて長期的に学習する

高校生は大学受験がやってきます。

 

大雑把に言えば、大学受験には推薦入試と一般入試があります。

 

推薦入試では高校入試の内申点に当たる

 

評定平均と呼ばれる数値が大きな要素となります。

 

3年間(実質2年半)の評定を平均したものですから、

 

推薦入試での合格を狙うのであれば

 

実技教科も含めてオールラウンドに点を取る必要があります。

 

また当然ですが、先生受けのいい生徒であることも大事です。

 

中学での通知表を見たときに今一つである生徒が

 

大学入試に向けて学習が難しくなる高校で

 

評定を高く維持することは厳しいでしょう。

 

例外として、入学した高校があまり難しい授業をされない場合は

 

評定平均は上がる可能性があります。

 

もちろんその場合には指定校推薦入試の大学が今一つである可能性があります。

 

ともあれ、生徒の中学時代の様子を考えれば

 

推薦入試に向いているかどうかは容易に分かることです。

 

推薦入試を使わずに一般入試での合格を目指すのであれば、

 

1年生の時から入試に使う教科に重点を置いて学習すべきです。

 

そのためにも、志望校を学部学科レベルまで仮に考えましょう。

 

仮にとしたのは、のちに変更する可能性もあるだろうということです。

 

一般的には文系・理系ぐらいは変わりませんから

 

そのレベルでも良いので考えておくべきです。

 

中学の理科の分野を考えれば、物理・化学・生物のどれを

 

自分が入試で使いたいかのイメージもつくでしょう。

 

それを踏まえて、先手を打って学習を始めれば

 

3年後に自分の望む大学の入学式に出られる可能性は増すはずです。

 

長期的視野のもとにスタートダッシュを切りましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM