残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

学校でやっていることも、学校でやっていないことも

学校でやっていることも、学校でやっていないことも

 

目の前に現れたものは全て身につけましょう。

 

「塾で目にしたものを学校で目にしていないから身につけない」

 

と言うならば、塾に来る必要も意義もありません。

 

むしろ学校でやっているだけで十分でないから塾にいるはずです。

 

上のようなセリフを口にする生徒が学力十分なことはまず無いです。

 

なぜならこれは「なぜ勉強しなくてはいけないのか」

 

と言う類のセリフと同じで、サボるため・手を抜くための口実だからです。

 

口実を付けて学ばない人間と、口実を付けて学ぶ人間では

 

あるいは口実に関係なく学びまくる人間では

 

生活しているだけで圧倒的に身につくものが違ってきます。

 

そこはもう学力以前の人間性の部分です。

 

塾以外の場でどれだけ手を抜いているかが透けて見えます。

 

塾では嫌ってほど塾長からそこを詰められますからね。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


志望校を上げる

志望校を上げるのは出来るようになるための一つの手です。

 

学力に不安があるとどうしても志望校を低くしがちです。

 

しかし志が低くあって大望を叶えることが有るでしょうか。

 

人は志にあった努力「まで」しかできません。

 

自分のある意味での天井を決めるのが志望校です。

 

例えば橋本高校でいいと考えながら勉強していて

 

弥栄高校に合格することは有りえません。

 

橋本高校相応の内申点が取れたり、

 

模試での橋本高校合格判定がAだったりしたら、

 

ほっとして手を緩めて「このままで」などと思うからです。

 

志を上げて、目線を上げていってこそ学力は伸びます。

 

日々の行動のハードルは多少下げても構いませんが、

 

志望校は上げていきましょう。ちょっと高め、でいいんです。

 

高い志望校を口にして笑われるとしたら、

 

それは大した努力をしていないからに他なりません。

 

笑われて恥ずかしいのは志望校の看板ではなく、

 

あなたの日々の努力の有り様なのです。

 

あなたは今日、何問を新たに解けるようになりましたか?

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


感覚が近い

おそらく多くの塾の先生・学校の先生が感じていることだと思いますが

 

力が伸びる生徒は先生との感覚が近い生徒です。

 

先生が「こうだな」と考える方向と近い感覚の生徒は

 

先生から多くのことを吸収していけます。

 

今日はある生徒に「この3つの中から選ぶとしたらどうかな」

 

という質問をした所、ピタリと一致した答が返ってきました。

 

こうなればしめたものですね。

 

他のところの感覚もある程度共有できつつある状態です。

 

先生の感覚に近づこうと生徒が意図することで、

 

生徒の実力アップが少し簡単になるのです。

 

例えば質問の仕方、丸つけの仕方などからでも、

 

先生に指導されたことに寄り添っていきましょう。

 

物事の捉え方でも、少しずつ先生のやり方を真似ていきましょう。

 

その先生がしっかりとした実力の持ち主ならば、

 

そのイズムを吸収していくことで学力は伸びやすくなります。

 

ふとペンが止まった時に「先生ならどう考えるだろう、どうするだろう」

 

という事を考えられるようになれば、

 

自分が歩む一つのレールを見失わない状態になります。

 

もちろんレールを走る速度が上がっていけば、

 

レールを離れて宇宙に飛び立つことも出来ますからね。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


親の意識が子供を伸ばす

子供の意識が親の意識より高いということは稀です。

 

子供が小中生ぐらいのうちに親の意識を追い越していたら

 

親が相当みっともないと言えますしね。

 

さて、普通のご家庭の場合で考えます。

 

子供を伸ばすのは親の意識であるというのは言うまでもないです。

 

親が子供の勉強を邪魔することなど有りえませんよね。

 

子供が熱心に勉強しているのをゲームに誘う親などいませんよね。

 

大体において、勉強から逃げようとする子供を

 

親が必死にコントロールしようとしているはずです。

 

もし親が子供の勉強に興味が薄かったら?

 

もし親が子供の勉強を甘く見ていたら?

 

子供を支える学力が十分につくはずがありませんよね。

 

子供は基本的に物を知らず、論理がありません。

 

その状態で未来についてしっかり考えることは不可能です。

 

そう分かっているから、親が子供の未来を考えるはずです。

 

思い悩み、もどかしく思って日々を過ごされていると思います。

 

最近面談をした親御さんからも、

 

進学について分からないことが多い、というお話を伺いました。

 

どこのご家庭も、大なり小なりそうであろうと思います。

 

そういう時に、ぜひ学習塾を活用して欲しいです。

 

私たちは受験のプロです。

 

受験についてのお悩みをきちんと伺い、

 

プロとしてなすべきお話をお伝えしてお悩みを減らします。

 

もちろんお話をした結果別の悩みが出てくることはありますが、

 

その新たなお悩みを一緒に解決するのも仕事です。

 

しかし、ご注文をいただかずしては私達もアドバイスが出来ません。

 

学習塾をどう活用するかも、

 

子供を伸ばすための親の意識の一部だと言えます。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


言われたとおりにやる

中1・中2の模擬試験は8月20日13時から開始します。

 

開始時間より少し前に教室に入って下さい。

 

終了は17時半から18時になる予定です。

 

筆記用具を忘れずに持ってきて下さい。

 

 

 

結局伸びるのは言われたとおりにやる子です。

 

青木学院高校1年のエースは夏期特訓の当初に打ち合わせたとおりに

 

毎回の授業で一定のペースを保って演習を続けています。

 

やっておくべき課題を相談し、通塾の回数を相談し、

 

その通りに淡々と進めるだけです。

 

その地道な演習こそが、この生徒の学力を支えています。

 

一方で丸つけの作法から毎度注意される生徒もいます。

 

それは伸び悩みが起きるはずです。

 

言われたことを素直にやらない心根は簡単には直せません。

 

そしてその直さない間に大きく伸びることはありません。

 

独自性を発揮する前に型を身に着けねばなりません。

 

身につけてもらうまでは何度でも言います。

 

言って分からないままの人間を社会には出せませんから。

 

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


不安を抱え込まない

受験勉強は不安との戦いだという側面もあります。

 

それは生徒の不安でもありますし、保護者の不安でもあります。

 

不安との付き合い方が上手ではない人の共通した特徴の一つに

 

不安を一人で抱え込んでしまうということがあります。

 

夜、ふとした瞬間に考え込むのです。

 

「ああ、このままで大丈夫なのかな」「合格できるのかな」

 

夜は魔物です。袋小路へと誘うものです。

 

これは非常によろしくない傾向になります。

 

子供が毎晩そうなっているとストレスが溜まって勉強に集中できません。

 

親が毎夜こうなっているとついつい子供に説教をしてしまいます。

 

このような状況で合格へ近づけるかと言えば、ちとばかり厳しいです。

 

そういうときこそ、塾を頼って下さい。

 

どのような不安を持っているかを相談して下さい。

 

全部即座に解決はできなくとも、心が少し楽になります。

 

全てその場で晴らせなくとも、解決の糸口を一緒に探します。

 

目指すのは受験勉強を幸福なエンディングで終えることですから。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


学力の鍵はやはり親

学力の鍵はやはり親です。

 

親が子供の学力を大事だと思えば、相応の行動を取ります。

 

親が子供の学力より別のものを優先すれば、相応の結果になります。

 

これは、「学習を最優先にすべし」ということではありません。

 

我が子の将来にピアニストという道があり、

 

そこに可能性を見出しているのならば、

 

夏休みに長期間の学習をせずにピアノに邁進すべきです。

 

それはピアノを優先したことでピアノに相応の結果が出るということです。

 

例えば1学期の間に学習に不足が出ていて、

 

本人もピアニストを心底目指しているわけではないとします。

 

学習に力をいれなければならないのに、ピアノを重視すべきでしょうか。

 

もしここでピアノを重視すれば、学習に相応の結果が出ます。

 

最終的に何を重視するかを決めるのは、強制力があるのは、親です。

 

親こそは子育ての最高責任者ですからね。

 

夏休みの間、お盆休みの間、放って置いて我が子が学習するか。

 

それは定期テストと通知表に現れているはずですね。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


まずは型を身につける

あくまで少しでも早く学力を高めたいならばですが、

 

まずは型を身につけることを第一にして下さい。

 

自由に自分の思うままにやっていて学力が上がる人もいますが

 

壁にぶつかりやすい点と

 

ぶつかった壁を突破するのに時間が掛かる点で

 

おすすめしない方法になります。

 

型を身につけるとはどういうことかと言えば

 

単に「まずは言われたとおり、教科書通りに考えて解く」

 

ということです。

 

そんな簡単なことか、と思う保護者さんもいます。

 

しかし、我が娘・息子が親の言うとおりに全て動いているかを見れば

 

自分がどのぐらい子供に手を焼いているかを正しく思い出せば

 

いかにそれが難しいことなのかを理解してもらえるはずです。

 

子供の賢さを過信してはいけません。

 

小さなことで言えば「大問一つごとに丸付け」という

 

ごくごく単純なルールさえずっと守れない性格の子供も多いです。

 

そこを恐怖や暴力で修正するのは簡単です。

 

しかしそれは心を萎縮させることですから、私は望みません。

 

何度も話して納得して行動を変えてもらいたいです。

 

学力はそういう細かい性格から変えていくものですから

 

短期間で魔法のように学力が上がるとは思わないで下さい。

 

周りの人間が作り上げた、それなりに自我のある人格を

 

私もより良い方向に歩いていけるように道案内していきますが、

 

歩むのは子ども自身の両足なのです。

 

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


夏休み前に計画を

夏休み直前になっています。

 

この時期に夏休みの計画を立てておきましょう。

 

夏休みが始まってから過ごし方を考えては

 

序盤の日程がうまく使えないことになりえます。

 

夏休み中にどのような力をつけて2学期に備えるかを考え、

 

そのためにやるべき課題を決め、

 

どのような日程でそれを行うかを決めておくのです。

 

もちろんせっかくの長期休暇ですから

 

遊びの計画も入れてください。

 

長期休暇だからできることがいろいろあるはずです。

 

 

計画において不慣れな人がやってしまうことの一つが

 

生活が張り詰めるほど余裕のない計画を立てることです。

 

計画は大体うまくいかないものだと思ってください。

 

体調不良にせよ他のトラブルにせよ

 

計画が狂うことを最初から予定に入れて、

 

予備日を設けておきましょう。

 

思うとおりにこなせなかったことは予備日で消化しましょう。

 

計画がうまくいかないときには、計画を放棄してしまいがちです。

 

うまくいかない自分と向き合うのは大変ですからね。

 

だから最初からうまくいかなくてもうまくいくようにしておくのが

 

上手な計画の立て方というものです。

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


学業をどのぐらい重く考えるか

学業をどのぐらい重く考えるかは学力に大きな影響を与えます。

 

青木学院のほとんどの保護者さんで言えば

 

部活動の日程などが出る前に下記特訓をお申込み頂いています。

 

「時間調整は後からするとしても、まずは学習の量は確保する」

 

というお考えなのだと理解しています。

 

実際、時間数と受講教科だけお申込みをもらっているご家庭は多いです。

 

「部活動の練習時間割が出るまで勉強の量を決めない」

 

というお考えもあるでしょうが、

 

それは学習を後回しにする考え方です。

 

親が学習を後回しにする考え方でいて、子供の学力が上がることはないです。

 

学習をどのぐらいするかという方針は部活動の有無で決めるのではなく

 

子供の今の学力がどれほどのものか、

 

そしてこの先どのように成長して欲しいかで決めるものです。

 

少なくとも子供の学力が伸びることを望むなら、です。

 

学力は魔法のように上がることはないです。

 

丁寧に積み重ねて初めて色をなすものです。

 

だからこそ、もしこれまでの学習に不足があるのならば

 

今からコツコツと積み重ねる学習量を確保して欲しいです。

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM