残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

模擬試験日

夏の模擬試験日でした。

 

生徒諸君、半日お疲れ様でした。

 

夏期特訓もそろそろエンドロールに差し掛かります。

 

残すのは3日です。

 

その後8/24(木)からは8月度通常授業の開始です。

 

1週間の助走期間を持って2学期に突入します。

 

この日程の組み方なら夏休みボケを取り戻していけます。

 

夏休み課題もこの時期に終わらせる事ができますしね。

 

もちろん多くの生徒はもう課題を終わらせていると聞いています。

 

少しずつ日常を取り戻していきましょう。

 

夏は学習量を稼ぐ期間ですが、大事なの日常の学習です。

 

まずは次の定期テストに向けて、また演習です。

 

夏期特訓を経て通常の授業をもっと頑張りたいというお声も頂いてます。

 

いっぱい勉強する価値を感じた人はもっともっとやろうと思えますよね。

 

努力をした人だけが努力の意味を知るのです。

 

やる必要があるならば、やりたいならば、

 

フライングは無いのですから存分にやりましょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


早速10時間クリア

お盆休みの長時間演習です。

 

今日来た生徒は早速10時間クリアしていきました。

 

その途中で解くペースが大きく落ちることもなく

 

淡々と頑張ってくれる姿は実に頼もしかったです。

 

他人がどうであれ自分がやるべきことをやる人間は伸びます。

 

伸びない人間は他人を基準に考えますからね。

 

いや、基準というより塾長から見れば言い訳です。

 

これだけ時間があれば思う存分いろんな教科や分野にチャレンジできます。

 

まして比較的参加者の少ないこの時期に演習すれば

 

塾長から特濃のこってり解説を受けるチャンスもでますからね。

 

大きく力を取り戻したい、付けたい生徒にはうってつけでしょう。

 

ある意味では真骨頂とも言える時間でした。

 

何が何でも長時間やるべきだとは全く思いませんが、

 

必要がある、欲求があるならいくら頑張っても良いんです。

 

体を壊さない程度に、ね。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


夏期特訓前半戦終了

今日で夏期特訓の前半戦が終了です。

 

明日からお盆の長時間演習に参加する生徒が来てくれます。

 

通常の夏期特訓の受講生はしばしお休みです。

 

せっかくのお休みですから休む生徒は色々なことに挑戦しましょう。

 

本を大量に読みまくる。

 

料理を一つ身につける。

 

映画を見て文化的素養を養う。

 

山に登る。海で泳ぐ。

 

地下でも良し、野外でも良しです。

 

もちろん学習が十分でないと考える人、

 

ここで一つライバルに追いつきたい、差を付けたい人は学習です。

 

余裕のない人が遊ぶのはスーサイドとしか言えませんよ。

 

やりたいやりたくないで判断する余裕がある人はそれでよし。

 

でもやるべきかどうかも大事な判断要素なのです。

 

明日からはやることを選んだ人たちとまた勝負です。

 

天気は生憎かもしれませんが、遊びに向かないなら学びで良しです。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


ここまで疑問を持つ

授業中の主な指導の一つは質問対応です。

 

一般に質問を効果的にできるようになれば学力は伸びつつあります。

 

まずはなんでも良いから質問にこられる状況づくり、

 

その次に学力を伸ばすのに重要なことに絞った質問ができることを目指します。

 

本来は学力発展途上の生徒たちにとって、

 

接するテキストについて分からないことはだいぶあるはずなのです。

 

特訓中の生徒も辞書を引いて自分で調べるステップを踏みつつ、

 

それでもわからない事柄をどんどん質問に来ています。

 

今日来た質問の中で最も奮っていたのは「生きた動物」についての質問でした。

 

エチオピアの輸出品リストに載っていたこの項目は何なんだ、ということです。

 

本来問題を解くために必要な知識とは言い難いものですが、

 

細かく項目を確認した結果行き当たった質問です。

 

こういう丁寧さは学力向上の鍵ですね。

 

わからないことが無いか、丁寧に文を読んでいくクセは日常でつけましょう。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


雨に負けるな

今日は長時間の夕立が降ってましたね。

 

所によっては3桁の雨量に達したようです。

 

そんな今日も教室内は静かに演習が続いていました。

 

雨が降っても風が吹いても、屋根も壁もあるのですからやるだけです。

 

勉強をしない、勉強に集中できない理由はいくらでも作れます。

 

淡々とやり続けることは意識をしないと難しいものです。

 

それを意識せずにやれるようになれば、中々のものです。

 

しかし自分だけでそう出来ないところがあるから、

 

ある種の枷として、あるいは環境として塾があると思っています。

 

少なくとも騒がしくて勉強する雰囲気ではないなら

 

そこは学習にふさわしい環境ではないでしょうからね。

 

環境は誰かが作り上げるものではなく、

 

場にある全員のちからで作るものです。

 

一人ひとりが自分の学習に集中することで、

 

他人の学習の推進力となることも可能なのです。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


テストゼミ解説授業

今年もテストゼミが始まりました。

 

初回の解説授業から「テストで点を取るためのノウハウ」を

 

どんどん伝えまくっています。

 

リスニングCDの機材も半年ぶりに火を入れて使い倒しです。

 

これのお陰で、弱点がはっきり見えますしね。

 

各教科のメインとなる視点や行動を、

 

3回の解説授業でぎゅうぎゅうに詰め込みます。

 

今日の授業だけでも随分と生徒たちの表情が変わりました。

 

感覚的に処理するのではなく条件を分けて処理すること。

 

なんとなく前後を読むのではなく形式から推理して読むこと。

 

以前学習したこととどのようにリンクしているかを意識すること。

 

具体的な行動指針を身に着けていけば勝てます。

 

今回の模試でいくら間違っていてもある意味諦めましょう。

 

次で、あるいは本番で勝つための今日にして下さい。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


どんどん向かってこい

先日猛烈に叱られた生徒が今演習授業をやっています。

 

今日は参加する生徒が少ないせいかどんどん質問に来ていますね。

 

こうでなくてはいけません。

 

叱られたから質問に行かないなどとひ弱なことを言ってはいけません。

 

大事なことは学力を上げることです。

 

そのために質問せねばならないことはするのです。

 

 

問題にも塾長にもどんどん向かっていくべきなのです。

 

青木学院で中々学力が上がらない生徒はいます。

 

その生徒は例外なく塾長への質問が少ないです。

 

質問をして怒られるのがいやだ、とだけ考えているのです。

 

怒られるのと成績が伸びないのはどちらが自分に良くないかを考えていません。

 

大事なのは学力が伸びる行動を選ぶ選ぶ精神です。

 

それは多少勇気がいるかもしれません。

 

いるならば、身につけましょう。その勇気。

 

受け身でいちいち誰かに優しく世話してもらいたいと思うような

 

軟弱な心と決別していくこともまた成長です。

 

そもそも質問をして怒られることなど青木学院にはないのですけどね。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


間違い方からタイプを考える

今日はテストの答案を確認しながら保護者さんとお話をしました。

 

間違い方から生徒の性格についてコメントすると

 

「その通りなんです」と苦笑されていました。

 

先日も書きましたが、青木学院で配布するテキストは

 

生徒の実力やタイプ、志望によって様々です。

 

たいてい、面談をしたり答案を確認せずには決められません。

 

これまでの学習履歴なども伺った上で

 

目標に対してどのような学習をこれからしたらいいかを考え、

 

その上で取り組んでもらう教材を考えます。

 

無論教材は既製品ですからオーダーメイドのように

 

100%生徒にぴったり、とはいきませんが、それでも選びたいのです。

 

少し合わない部分はこちらで補正していきますからね。

 

お問合わせの際などに、直近のテストの答案などをご用意いただけると

 

その後のご案内が大変スムーズに進みます。

 

よりよい授業の導入のために、よろしくお願いします。

 

 

本日で7月度の通常授業は終了となります。

 

夏期講習は7/22土曜日から開始です。

 

よろしくお願いします。

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


相模原市内の高校受験についての相談に乗ります

ここのところの保護者さんとのお話では

 

相模原市内の高校受験そのものについてお話することが多いです。

 

神奈川の県立高校入試の仕組みや

 

市内の県立高校の学力、進学実績、雰囲気などです。

 

相模原や神奈川以外のご出身の方には

 

確かに情報がチェックしにくいところもあるのでしょう。

 

今日などは市内の他所の塾さんの良い所まで

 

正直にお話をする時間までありました。

 

もしご希望であれば入塾の如何に関わらず、県立高校受験についての

 

情報入手や相談についてお手伝いしていきます。

 

もちろん真剣にお考えのご家庭に限ります。

 

塾生の指導にエネルギーを注ぐのが第一ですからね。

 

一に演習、二に再演習、三四がなくてあと余談です。

 

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


親の視点は子供に影響する

親の視点は子供に影響します。

 

今日少しお話をした保護者さんはこうおっしゃいました。

 

「大学受験を見据えて高校を選びたい」

 

我が意を得たりとはこのことです。

 

相模原市内には多くの県立高校があります。

 

県立相模原、弥栄、麻溝台、上溝南、橋本、などなどです。

 

これらの高校は進学実績が明確に違います。

 

どの高校に進学するかによって、どの大学に進学するかに

 

ある程度の影響が出てしまうのです。

 

それは「中学段階で身につけている学力と学習習慣の差」であり

 

「切磋琢磨しうる同級生の学力と学習意識の差」であり

 

「各高校に配属されている教師陣の力量の差」であり

 

「定期テストなどを通じて提示される学力レベルの差」であります。

 

それらが総合して3年間の間に生徒に与える影響は

 

大学受験において決して無視できるものではありません。

 

また、進学する大学によって将来が大きく変わるのは事実です。

 

例えば年収が明らかに違います。

 

お金は全てではありませんが、お金のせいで何かを諦めるよりはマシです。

 

そんな大事な将来に関わる長期間の人生設計を

 

子供が自分の判断だけで決められるでしょうか。

 

そんなわけがありません。

 

だからこそ、親が考えないでどうするという話です。

 

こう考える日々の中で、我が意を得たりと思えるのは非常にありがたいのです。

 

 

外部生向けの数学夏期特訓をご用意しました。

 

(通常夏期特訓はこちら

 

1学期の数学に対して危機感を持っている生徒さんには

 

ほぼ例外なく演習の量が不足しています。

 

長期休みに計画的に徹底的に復習することで、

 

2学期以降の数学に対する苦手意識を減らしてもらいます。

 

部活動などの練習にも対応できるように

 

時間や日程は自由に選べます。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM