残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

入試が終わっても油断せず

高校入試を一足早く終えた生徒がいます。

 

しかし入試が終わっても油断していません。

 

入試の問題を早速解き直して復習です。

 

次の英語検定や高校進学後の学習を思えば

 

ここで遊び呆ける理由など無いはずです。

 

こんなに早く入試を終えたことで勉強しない期間があれば、

 

他のまだ勉強している生徒との間に学力差が生まれます。

 

それは高校入学直後のつまづきの原因となり、

 

高校3年間の学習に大きな影響を与えることもあります。

 

そう考えたら、この生徒のやっていることは極めてまっとうであり

 

保護者さんの考えていることはとても正しいのです。

 

終わったからゆっくり、という気持ちも分かります。

 

しかし、高校での学習が中学より楽になることはほぼ無いでしょう。

 

それを考えれば、何をするべきか、どのように振る舞うべきか分かります。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


久しぶりの

久しぶりの県相進学科授業でした。

 

普段は時間厳守なのですが、久しぶりすぎて手加減を忘れていました。

 

大幅延長で保護者の皆さんにはご迷惑をおかけしました。

 

やはり受験が近くなって高ぶっている自分もいるのだと自覚しました。

 

本当は周りの大人は冷静に対応すべきなのですが、私もまだまだです。

 

生徒の調子が少し良いと興が乗ってしまいます。

 

特に今日は読解の根幹部分の分析をやったので、

 

いつも以上に復習にこだわってくださいね。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 

 


toiawase.jpg


いい間違い

努力や思考の跡が見える間違いはいい間違いです。

 

以前注意した内容を断片的にでも覚えていたり、

 

工夫をしようと試みた形跡があったり、

 

自分なりの理屈を以て解いていると見えたり。

 

誤答であれば全て価値が無いわけでもなければ、

 

間違ったら全て怒られるわけではありません。

 

そもそもがところ、青木学院において間違うことは重要です。

 

間違ってもいい、そこから伸びていけば良いのです。

 

むしろ間違うレベルのものを相手にしなくてはいけません。

 

間違えて注意されて凹んでいてはいけません。

 

「大事なことだから注意されているんだな、次は覚えて解こう」

 

「これが出来るようになれば更にレベルアップして

 

ハイブリッド受験生になれかもしれない」

 

ぐらいの考えで戦いましょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 

 


toiawase.jpg


模試後のいつものお話

冬期模擬試験の日でした。

 

ということで模試後のいつものお話です。

 

模試は判定がどうこうをめぐるためのものではないです。

 

受けた時点で身につけておきたい学習内容がのうち

 

まだどれだけ身につけていないものがあるかを知る手段です。

 

解説が配布されるのですから帰宅したらすぐに

 

自分の答案と照らし合わせて弱点を発見し、

 

時間を置かないうちに復習や質問をして強化の材料とするのです。

 

解き直しや覚え直しをしない模擬試験の価値は半分以下です。

 

志望校判定や得点に一喜一憂する前になすべきことをなしましょう。

 

さあ、明日からは通常授業ですよ。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


冬期特訓終了

今日で冬期特訓終了です。

 

明日は模擬試験、明後日からは通常授業の再開です。

 

冬期の間にこれまでの学習姿勢から進歩を見せた生徒、

 

課題の再確認を積み上げられた生徒、様々です。

 

しかし一つ言えるのは、正しい努力を積み重ね続ければ

 

いずれ実がなる時が来るということです。

 

例えば問題を解く時に、何を問われているのかを見定めましょう。

 

ヒントになる事柄を必ず問題中に探しましょう。

 

分かりにくい時は最初から1つずつ考えましょう。

 

根拠を自分なりに持った上で問題に答えましょう。

 

そういう丁寧な基本を積み重ねれば学力は伸びます。

 

これはもう正確や考え方レベル、生き方の問題です。

 

だからこそ容易に変えられませんが、

 

一度身につければ一生ものの力になります。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


通常冬期特訓はお休み中 年末年始特訓です

昨日で通常の冬期特訓は一旦終了です。

 

この5日間は年末年始特訓として来てくれている生徒がいます。

 

毎年「今年は来ないかなぁ」と思いつつ計画するのですが

 

今年も頑張ってくれる生徒がいることは嬉しく思います。

 

本当はこの時期に無理に学習をせずに

 

体調を整えつつ諸々に取り組めるようにしておくほうが良いのです。

 

しかし、やる必要があったりやりたいと思うのであれば

 

コツコツと積み上げるための1日を過ごせば良いわけです。

 

何事も、必要なことを必要なほどに必要な時期にやりましょう。

 

他人がどうとかいうことは関係ありません。

 

他人に合わせても学力が上がるわけではないのです。

 

自分に不足しているものは何かを丁寧に探していき、

 

それを身につけるまで訓練することで学力は上がります。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


良い成功体験を持たせたい

生徒たちに指導する内容で

 

本当に高度なことを指導する必要がある場合もあります。

 

しかし、それ以前のところでやるべきことが在る生徒が多数派です。

 

例えば単純によく読めばいいだけの問題を

 

「分からない」と言って手を止めてしまう生徒もいます。

 

そういう時にむやみにヒントをあげても、

 

あるいは丁寧に解説をしてもそれは生徒の力になりません。

 

何故なら「手を止めたら大体助けてもらえる」という体験になり、

 

今後もその姿勢を取ってしまいかねないからです。

 

大事なのは長期に渡って学習を継続する力をつけることであり、

 

それによって適切に学ぶ人間になることです。

 

そう考えれば、たとえやや冷たく思われるとしても

 

「それはもう一度読んでみればできるからね」とだけ伝えて、

 

目の前でもう一度本文や問題文の音読をしてもらって、

 

「よく読めば分かる問題も在るな」という体験をしてもらいたいです。

 

良い成功体験は良い習慣の元になります。

 

良い習慣は良い生活を作り、良い学力を育てるでしょう。

 

毎日を習慣づくりのために。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


冬期特訓開幕です

冬期特訓開幕です。

 

初日から数学をガンガン解いてもらっています。

 

もちろん塾内生は英語もやりますし、

 

生徒によっては他の教科も冬期にチャレンジしてもらいます。

 

しかし一番人気は数学ですね。

 

ほぼ12時間缶詰の生徒もいました。

 

もちろん時間は学年や希望・都合によりますが、

 

身につけたいものがあるのであれば、

 

必要な分だけ頑張れば良いのです。

 

教科にしても同じことですね。

 

その上で冬休みにやりたい諸々のことにもチャレンジして下さい。

 

勉強もそれ以外も、やりたいこととやるべきことを両立しましょう。

 

両方が一つになることが望ましくはありますが。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


模試から学ぶ

私たちは模試からも学ぶことができます。

 

間違えた問題をただ解き直し、説明すると言うだけではありません。

 

失敗は最良の教師という言葉がありますが

 

それは失敗そのものを修正するという意識ではありません。

 

今後にそれをどういかすかというところを考えるべきです。

 

つまり模試の問題を通して改めて、身につけるべき本質に迫るということです。

 

模試は出題された入試問題を検討した上で

 

次に問われる問題や入試に必要な観点・知識を元にして

 

専門のスタッフが作成しているものです。

 

(一番良いのは実際に入試問題を作成したスタッフに

 

模試を監修してもらうのが良いのですが、そうもいかないです。)

 

その模試をただ一度受けた合格判定のみに一喜一憂しては

 

学力向上に役立つ部分が少なすぎます。

 

目の前の一問を通して、この先に身につける学力に思いを馳せる。

 

あるいはその先の課題に意識を置く。

 

そうやって模試を活かしていけば、本番に対応できる力がつきます。

 

 

冬期数学特訓の受講生を募集しています。

 

短い冬休みの間に集中的に学習をして数学力を伸ばしましょう。

 

十分な量の演習を行い、弱点の洗い出しをし、

 

弱点補強のための解説を行います。

 

昨年度の厚木高校・相模原高校合格の諸君に続く、

 

強い気持ちで学習に臨む生徒諸君をお待ちしております。

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


教えたことばかりで解ける

2017年度テストゼミの第一回解説を行いました。

 

当たり前の話ですが、教えたことばかりで解ける問題しかありません。

 

特に夏のテストゼミで学習した内容の

 

再確認になったのが数学と国語でしたね。

 

中には水曜日に復讐した内容で

 

そのまますぐに解ける問題も多くありました。

 

しかしまぁ、ミスの多く出ることは想定内です。

 

知っていることと使いこなせることの間には

 

常にある程度の幅が出てしまうものです。

 

その幅をいかに狭くし、合致させていくかは

 

演習を通して理解を深めてもらうのが良いと考えています。

 

解きたての模擬試験の問題を解説すれば、

 

反省材料も数多く得られると改めて実感してもらえたようです。

 

これをあと9セット、入学試験までに積み上げてもらいます。

 

並行して、神奈川県立高校入試問題に特化したテキストをメインに

 

トレーニングを積んで解答速度を上げてもらいます。

 

毎日訓練し続けて、タフな脳になってもらいたいです。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM