残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

共和中定期テスト2週間前

共和中の生徒が定期テストの範囲表を提出してくれました。

 

テスト2週間前ですね。

 

前回の定期テストでは本人なりに不本意なところもあったのでしょう。

 

今回はきっちりと打ち合わせをするところからやり直しです。

 

基本的な動作手順の確認から、

 

学習を圧縮して進めるための考え方から、

 

改めて定期テストに向けての行動を確認してもらいました。

 

やるべきことが目に見えているのですから迷うことも減るはずです。

 

幸い共和中の先生は、計画表も作りやすいように配布して下さってます。

 

これに乗っからない手はありませんよね。

 

まずは今週末が勝負になりますから、そこで指示通りに動いて下さいね。

 

直前だけに勉強をするのは努力ではありません。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


日大三高 八王子学園八王子 桜美林 玉川学園

日大三高、八王子学園八王子、桜美林、玉川学園の

 

4校合同説明会に行ってきました。

 

どれも都内の高校ではありますが、

 

相模原市内以外の私立高校を県立高校の併願先として検討する際に

 

多摩・町田エリアは候補になりますので毎年行っています。

 

 

各高校の内申点の基準なども発表になりましたので

 

興味のある高校があればご連絡下さい。

 

概ね5教科22点が一つの目安になっていますね。

 

これは2教科5、3教科4ということになりますから、

 

主要教科で90点をとれるレベルが二つはほしいということです。

 

早い段階からどの教科で戦うのかを考えておきましょう。

 

もちろん試験の点数でも実力を問われるので、

 

英数国の3教科が得意になれば都合が良いですね。

 

これらは特に積み上げていくことで実力をつける教科ですから

 

不安があれば少しでも早く学習を強化しておくべきでしょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


少し変化

今日から教室のごく一部が少し変化しました。

 

出来る範囲内ではありますが、少しでも多く生徒の学習を

 

サポートできるように変えました。

 

今はその恩恵に預かるであろう生徒は多くありませんが

 

この変化がこの先の大きな進化につながれば

 

もっと大きく生徒たちの学習を助けられます。

 

しばらくは調整が必要なところもあるでしょうが、

 

慣れてもらえばきっと効率は上がるはずです。

 

思い立ったらすぐに実行、を目指しましょう。

 

新学期が始まった高校生も

 

早速新しい学習に向けて打ち合わせに来てくれました。

 

その行動の速さが君を助けてくれるはずです。

 

行動こそが、私たちの人生を変えるのですから。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


水曜日は県相進学科講義

久しぶりに県相進学科中3の講義授業です。

 

久しぶりだけに、ちょっとやりすぎましたね。

 

正直に言えば、疲れました。

 

でも、このぐらいやらなければいけないと

 

今の受験生について思っているのでこれでいいです。

 

特段変わったことは伝えていませんが、

 

身についていない部分をよりはっきりと体感してもらえたはずです。

 

来週以降もガンガンに不足しているところを埋めます。

 

全員に共通して不足しているところを一度に埋められるのは

 

やはり講義授業の良いところですからね。

 

その時にいかに薄い説明にならないかが腕の一つです。

 

来週はフルメンバーになるので、もう一段階ギアを上げて行きます。

 

そのためにも、今日の授業の復習をしておいてくださいね。

 

復習しない学習には意味がありませんよ。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


8月度通常授業開始

8月度の通常授業を開始しました。

 

新学期に向けてまた日常の再開です。

 

新学期からまた頑張りたいと思ってくれる生徒もいるでしょう。

 

大事なのは「試験前にいかに学力を上げるか」という一点です。

 

そのために学習の絶対量を確保するのが最適である生徒は多いです。

 

では、学習の量を増やすにはどうしたらいいのでしょうか。

 

 

一つは言うまでもありませんが、少しでも早くスタートを切ることです。

 

今から最も近い試験に向けて一日でも早くスタートを切るのか

 

それとも何やかんやと言い訳を並べて日延べをするのか。

 

そのどちらをとるかは人の自由です。

 

そしてその自由の結果に自分で責任を持つことです。

 

スタートを切るようにと言われても遅らせた結果、

 

力が伸び悩んだ時にそれを堂々と受け入れることです。

 

それが不満であるならば、さっさとスタートを切るべきです。

 

実に簡単な話なのですが、それを実行しない人は多いです。

 

だからこそ、それを実行した人は差をつけることができるのです。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


続々テキスト終了

夏期特訓も終盤ですから、生徒が続々とテキストを終えています。

 

新規の追加問題、テキストの復習、通常テキストへの移項など

 

生徒ごとに別の課題にそれぞれ取り組んでもらっています。

 

何れにせよ目標は次の定期テストです。

 

今は焦らず足元を固めて下さい。

 

基本を丁寧に理解して覚えてから応用に向かうべきです。

 

それを無視して新しい問題に手当たり次第にあたっても駄目です。

 

演習授業はただの自習ではありませんからね。

 

問題に当たることを通じて自分の課題をはっきりさせて、

 

それを解決していくからこそ学力が伸びるのです。

 

自分を改善していくために何をするべきか。

 

自分の大きな目標のためにまずするべきことは何か。

 

そういうことを考えて学習してもらっています。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


模擬試験日

夏の模擬試験日でした。

 

生徒諸君、半日お疲れ様でした。

 

夏期特訓もそろそろエンドロールに差し掛かります。

 

残すのは3日です。

 

その後8/24(木)からは8月度通常授業の開始です。

 

1週間の助走期間を持って2学期に突入します。

 

この日程の組み方なら夏休みボケを取り戻していけます。

 

夏休み課題もこの時期に終わらせる事ができますしね。

 

もちろん多くの生徒はもう課題を終わらせていると聞いています。

 

少しずつ日常を取り戻していきましょう。

 

夏は学習量を稼ぐ期間ですが、大事なの日常の学習です。

 

まずは次の定期テストに向けて、また演習です。

 

夏期特訓を経て通常の授業をもっと頑張りたいというお声も頂いてます。

 

いっぱい勉強する価値を感じた人はもっともっとやろうと思えますよね。

 

努力をした人だけが努力の意味を知るのです。

 

やる必要があるならば、やりたいならば、

 

フライングは無いのですから存分にやりましょう。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


早速10時間クリア

お盆休みの長時間演習です。

 

今日来た生徒は早速10時間クリアしていきました。

 

その途中で解くペースが大きく落ちることもなく

 

淡々と頑張ってくれる姿は実に頼もしかったです。

 

他人がどうであれ自分がやるべきことをやる人間は伸びます。

 

伸びない人間は他人を基準に考えますからね。

 

いや、基準というより塾長から見れば言い訳です。

 

これだけ時間があれば思う存分いろんな教科や分野にチャレンジできます。

 

まして比較的参加者の少ないこの時期に演習すれば

 

塾長から特濃のこってり解説を受けるチャンスもでますからね。

 

大きく力を取り戻したい、付けたい生徒にはうってつけでしょう。

 

ある意味では真骨頂とも言える時間でした。

 

何が何でも長時間やるべきだとは全く思いませんが、

 

必要がある、欲求があるならいくら頑張っても良いんです。

 

体を壊さない程度に、ね。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


夏期特訓前半戦終了

今日で夏期特訓の前半戦が終了です。

 

明日からお盆の長時間演習に参加する生徒が来てくれます。

 

通常の夏期特訓の受講生はしばしお休みです。

 

せっかくのお休みですから休む生徒は色々なことに挑戦しましょう。

 

本を大量に読みまくる。

 

料理を一つ身につける。

 

映画を見て文化的素養を養う。

 

山に登る。海で泳ぐ。

 

地下でも良し、野外でも良しです。

 

もちろん学習が十分でないと考える人、

 

ここで一つライバルに追いつきたい、差を付けたい人は学習です。

 

余裕のない人が遊ぶのはスーサイドとしか言えませんよ。

 

やりたいやりたくないで判断する余裕がある人はそれでよし。

 

でもやるべきかどうかも大事な判断要素なのです。

 

明日からはやることを選んだ人たちとまた勝負です。

 

天気は生憎かもしれませんが、遊びに向かないなら学びで良しです。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


ここまで疑問を持つ

授業中の主な指導の一つは質問対応です。

 

一般に質問を効果的にできるようになれば学力は伸びつつあります。

 

まずはなんでも良いから質問にこられる状況づくり、

 

その次に学力を伸ばすのに重要なことに絞った質問ができることを目指します。

 

本来は学力発展途上の生徒たちにとって、

 

接するテキストについて分からないことはだいぶあるはずなのです。

 

特訓中の生徒も辞書を引いて自分で調べるステップを踏みつつ、

 

それでもわからない事柄をどんどん質問に来ています。

 

今日来た質問の中で最も奮っていたのは「生きた動物」についての質問でした。

 

エチオピアの輸出品リストに載っていたこの項目は何なんだ、ということです。

 

本来問題を解くために必要な知識とは言い難いものですが、

 

細かく項目を確認した結果行き当たった質問です。

 

こういう丁寧さは学力向上の鍵ですね。

 

わからないことが無いか、丁寧に文を読んでいくクセは日常でつけましょう。

 

 

部活動や各種クラブチーム、他塾の講習などでお忙しい方、

 

お盆休みに長時間特訓はいかがでしょうか。

 

8/11-8/16に集中して演習特訓を行い、

 

一気に学力をつける土台を積み上げましょう。

 

おすすめは数学の集中演習です。

 

絶対に数学を克服したい生徒諸君の参加をお待ちしております。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM