残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

カレンダーにテスト日程を書き込んでおく

学校の年間予定表が配布されています。

 

塾にも随時提出されております。ありがとうございます。

 

いろいろ重要な日程が知らされていますが、

 

中学生にとって一番大事なのはもちろん

 

定期テストの日程のはずです。

 

これをプリントに書かれているのみにしてはいけません。

 

日ごろ目にするカレンダーにも転写しておきましょう。

 

目にすれば意識も少し上がります。

 

テストまでの日数を数えるようになります。

 

そう、テストの日程を書き込んだついでに

 

テスト勉強を始める日まで書き込んでおくのがいいですね。

 

おおむね2週間前には試験範囲の発表があるものですから

 

2週間前から試験勉強を始めるように印をしておきましょう。

 

ぼんやりと過ごして慌てて始めるのではなく、

 

ご利用は計画的に。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


相模原中等受験対策の基本は新聞にあり

 

相模原中等受験を希望するご家庭にぜひともやって欲しいのは

 

新聞を生活に取り込むことです。

 

出来れば小学生用の新聞が良いです。

 

ルビも多く、扱われる内容も広がりがあります。

 

用語解説のコーナーもしっかりしているので、

 

新しい世界を広げるにはうってつけです。

 

新聞を読んだら、何でもいいので気になる記事を選び、

 

スクラップブックに張り込んでおくといいでしょう。

 

その上で、記事の気になった部分についてのコメントや

 

関連づけて調べたことのメモも残しておけば上出来です。

 

社会的な出来事に対する興味関心を養っておくことは

 

相模原中等の試験対策になりますし、

 

第一に知識が増えやすくなって世界の面白さを味わいやすくなります。

 

自分なりに文章をまとめる練習にもなりますから、お勧めです。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


志望校にふさわしい行動を取る

志望校をどこにしようが、特に問題はありません。

 

特に学年が若いほど、そう思っています。

 

しかし、志望校にふさわしい行動は取るべきです。

 

自分の志望する学校の先輩達が積んできた努力を考え、

 

あるいは志望する学校が同じ同級生達が積んでいる努力を考え、

 

それに比して自分の努力が恥じるものではない、

 

もとるものではないかどうかを考えて欲しいです。

 

無論「他人がどうあれ、我は我なり。ただ犀の如く進む」

 

という姿勢もまた良いでしょう。

 

しかしその独立独歩の自負がないのであれば、

 

自分の行動が志望校にふさわしいかを考えて下さい。

 

自分のまっすぐ進んだ先に志望校があるのか。

 

あるいはそもそも、自分のなろうとする未来があるのか。

 

なりたい自分になれるのか、です。

 

なりたい自分がまだ無い人は、そこから探してみましょう。

 

今日来てくれた中学生とは、

 

なりたい自分の一つとしての進学先の学校探しからお話をしました。

 

これもまた学習道です。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


その日その時

学習において一番良いのは

 

学習したのその日のうちに一度身に着けることです。

 

その日その時に身に着けることを目指せば

 

後から勉強に追われることはなくなります。

 

先延ばしにすればするほど、勉強に追われてしまいます。

 

学校で一日に勉強することがものすごく多いことは稀です。

 

その多くない量を身に着けようとする気持ちで学習してください。

 

実際には一日で身に着かないことの方が大半です。

 

しかし、学習のカリキュラムは基本的に

 

以前学習したことを使って次のことを学びます。

 

以前うっすら身に着けたことを使って次のことを学ぶうちに

 

より深い理解と定着につながります。

 

それもこれも、毎日の「その日その時」を大事にする学習あってこそです。

 

それでも、追いつかないときには追いつくために

 

学習量をしっかりと確保していける日程を作りましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


受験方法を考えて長期的に学習する

高校生は大学受験がやってきます。

 

大雑把に言えば、大学受験には推薦入試と一般入試があります。

 

推薦入試では高校入試の内申点に当たる

 

評定平均と呼ばれる数値が大きな要素となります。

 

3年間(実質2年半)の評定を平均したものですから、

 

推薦入試での合格を狙うのであれば

 

実技教科も含めてオールラウンドに点を取る必要があります。

 

また当然ですが、先生受けのいい生徒であることも大事です。

 

中学での通知表を見たときに今一つである生徒が

 

大学入試に向けて学習が難しくなる高校で

 

評定を高く維持することは厳しいでしょう。

 

例外として、入学した高校があまり難しい授業をされない場合は

 

評定平均は上がる可能性があります。

 

もちろんその場合には指定校推薦入試の大学が今一つである可能性があります。

 

ともあれ、生徒の中学時代の様子を考えれば

 

推薦入試に向いているかどうかは容易に分かることです。

 

推薦入試を使わずに一般入試での合格を目指すのであれば、

 

1年生の時から入試に使う教科に重点を置いて学習すべきです。

 

そのためにも、志望校を学部学科レベルまで仮に考えましょう。

 

仮にとしたのは、のちに変更する可能性もあるだろうということです。

 

一般的には文系・理系ぐらいは変わりませんから

 

そのレベルでも良いので考えておくべきです。

 

中学の理科の分野を考えれば、物理・化学・生物のどれを

 

自分が入試で使いたいかのイメージもつくでしょう。

 

それを踏まえて、先手を打って学習を始めれば

 

3年後に自分の望む大学の入学式に出られる可能性は増すはずです。

 

長期的視野のもとにスタートダッシュを切りましょう。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


計算の分野でまず決まる

毎年4月ぐらいに似たような話をしているのですが

 

算数・数学の肝はこの時期にあると思います。

 

この時期は計算の練習をする分野が特に中学生では多いです。

 

計算問題は簡単だから、と勉強に油断して

 

8割前後の正解率で計算の学習が止まってしまう生徒です。

 

これは確実にこの先に数学で失点を重ねます。

 

基礎基本である計算のところから油断なく学習していれば

 

勉強をなめずに取り組む生活習慣になります。

 

そもそも、計算ミスが減るのですから正解が増えます。

 

演習もスムーズに進みますからストレスもたまりませんし、

 

単位時間当たりの演習問題数も増えますから

 

より多く学習してより高い学力を身に着けられます。

 

そういったことを無視している子供たちが多いのです。

 

これは残念ながら保護者の皆さんにもみられる話です。

 

1学期はまだ学習内容が難しくはないから、

 

塾に通わせなくてよい、と思ってしまうのです。

 

これは、学力が低くかつ伸びにくい生徒の親御さんほどそう考えます。

 

つまり、親の油断が子供を緩ませるパターンです。

 

学力の高い、伸びやすい生徒の親御さんは決して油断しません。

 

むしろ「早めから通わせたいのですが、いつからがいいですか?」

 

と相談に来てくださいます。

 

青木学院の保護者さんはもちろん、後者です。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


1日も早く教科書の全てのページに指紋をつける

学校も新年度です。

 

新年度と言えば新しい教科書の配布です。

 

学力をつけたい人に絶対にやってほしいことがあります。

 

ほぼ毎年生徒に話すことですが、

 

1日も早く教科書の全てのページに指紋をつけてください。

 

もちろん、物理的に触ればいいというわけではなく。

 

おおざっぱな通読でもいいから一度読んでほしいということです。

 

書いてあることが理解できてなくて構いません。

 

これから一年かけて学ぶことが簡単に理解できる必要はないのです。

 

しかし、見覚えがかすかにでもある状態で授業を受けるのと

 

全くの初見で授業を受けるのはまた違います。

 

教科書は何周も何周も読むべきものです。

 

その最初の一周をどれだけ早く終わらせるのかで

 

二周目以降にどれだけ早く取り掛かれるかも違います。

 

最初の一回の速さは学力向上の大きなきっかけなのです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


どこが分からないのかを探しに行く

生徒が「分かりません」と問題を持ってきます。

 

学力がまだ伸びていない生徒の場合、

 

「どこがどう分からないの?」と尋ねてみることが多いです。

 

すると大体の生徒は言葉に詰まってしまいます。

 

これは、問題を雑に読んで雑に考えている証拠です。

 

そのまま解説しても脳を素通りするだけですから、

 

「どこが分からないのかをもっと絞ってみよう」という主旨の話をします。

 

問題文を冒頭からもう一度読み直して、

 

かすかにでも躓いたところがあればそこから組み直しです。

 

それは用語が分からないのか、概念が分からないのか、

 

手段が分からないのか、どこなのかを丁寧に探してもらいます。

 

時には、問題文を音読してもらうだけで

 

「あっ」という表情を生徒がすることがあります。

 

「今、あって思ったんだよね。

 

その瞬間、君は考えていたし、頭が良くなったんだ。

 

それでいいんだよ。解き直しておいで。

 

また分からなかったら、そこからまた解説するから持っておいで。」

 

と言って、生徒には席に戻ってもらいます。

 

何も教えていないことになりますが、確実に生徒は賢くなります。

 

そして、「丁寧に勉強すれば良いんだな」という大事なことを学びます。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


勉強すればいい

大学受験生の中には志望校を諦めずに浪人を選ぶ人もいます。

 

ご家庭の事情が許すのであればそれもまた一つの道です。

 

その浪人生に取って大事なことは勉強しか有りません。

 

浪人すると決めたら他の何をもなげうって勉強すればいいです。

 

友達と遊びに行ったり、ちょっとのんびりしたり。

 

そういうことを考えて春を過ごしたならば

 

その浪人は失敗に終る可能性がぐんと増します。

 

何もなにがしかの講習にこだわる必要はありませんが、

 

受験勉強期に取り組んでいた参考書や問題集をもう一度潰すために

 

早速この温かい時期を使わない手はないはずです。

 

毎日三寒四温が繰り返される中、

 

自分の受験への熱を冷ますようなことをしてはいけません。

 

もしそんなことをする浪人生がいるならば、

 

「そんな温い心構えだから浪人するに至ったのだよ」と周りは見ます。

 

どこでやろうが、なにをやろうが、今はこの冬の負け戦を忘れずに

 

毎日毎日をコツコツと積み重ねて行く気持ちだけを抱えて生きて欲しいです。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


脳は出力を重視する

脳は入力の機能と出力の機能があります。

 

英単語を覚えるのが入力、覚えた単語で問題を解くのが出力です。

 

脳がどちらを重視しているかと言えば、出力だと言われています。

 

私たちは勉強をする時、つい覚えることそのものを重視します。

 

しかし、私たちの脳には毎日膨大な量の情報が入ってきます。

 

それを全て入力していては脳が処理しきれなくなるので、

 

必ず適当に忘れるように出来ているそうです。

 

その中で記憶に留まるものの一つが、出力されたものです。

 

「こんなに何度も出会ったから大事だと言える」ということよりも、

 

「こんなに何度も使ったから大事だと言える」と脳は考えるのです。

 

つまり、問題をガンガン解いていく中で知識を使えば、

 

脳はそれを重要なものだと認識して定着させようとするのです。

 

長時間演習の授業を青木学院が行っているのも、そこからの発想です。

 

脳の仕組みに沿った学習をすれば、学力が上がります。

 

毎日塾に来てガンガン問題を解くことで、

 

脳に大事なことを教えていけば、子供達の合格が近づきます。

 

だからこそ、長時間通おうとするご家庭の応援をする制度になっているのです。

 

ちょっとだけ勉強をしたい方、ごめんなさい!

 

頭を使える根性のある生徒のための塾なんです。

 

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM