残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

伝わっている

毎日のようにブログを更新しています。

 

そのことそのものに果たしてどのぐらい意味があるのかな

 

と思うこともありますが、習慣としてやっています。

 

でも、やっていて良かったな、と思うこともあります。

 

保護者さんと面談をした時などに、

 

あるいは生徒と話している時に、

 

ブログに書いてあったことを話してくれることがあります。

 

ああ、伝わっているのだな、と嬉しくなります。

 

学力をつけること、自分の行きたいところへ行くための力をつけること、

 

そういう事を考えて指導をして、ブログを書いています。

 

どの塾でも割とそうだと思うのですが、

 

塾の先生の余談の部分と言いますか、鯛焼きのフチの部分と言いますか、

 

そういうところまで味わっている生徒は学力が伸びるのですよね。

 

塾長のイズムが染みこんでいる生徒は、強いのです。

 

逆に言えば塾長のイズムこそが塾の肝なのかもしれませんね。

 

私は、毎日子供達に、お母さん達に、お父さん達に伝えたいことで頭がいっぱいです。

 

今日もついつい、文房具の話まで行ってしまいました。

 

いやでもね、これは本当に地味ながら良品なのですよ。

 

GW中に記事にしたいと思います。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


知っているようで知らないのです

中3の県相進学科の授業です。

 

生徒達に「a lot of」を知っているかと尋ねると

 

無論知っているという反応が返ってきました。

 

では「lot」とは何かを尋ねると

 

全くこれまで疑問に思っていなかった様子です。

 

生徒達は、いえ、私達は知っているようで知らないのです。

 

常に小さな所にも疑問を持ち、調べ、追求しましょう。

 

そのためには身の回りのことにどんどん興味を持つべきです。

 

自分がこれまで身につけたものだけに終始するのではなく

 

少しずつで構わないのでこれまで触れていないことにふれましょう。

 

どんなことでも「これは何?」「これはなぜ?」

 

と考えていきましょう。

 

答えが分かる時、出る時もあればそうでない時もあります。

 

調べて分かることもあれば、調べた結果がよく分からないこともあります。

 

でも、いいのです。

 

それでも問い続ける姿勢を育て続ければ

 

それはこの先の学業で大きな力になってくれますから。

 

授業ではそういう話をして、lotの意味や構造を説明していきました。

 

毎日疑問を増やして、毎日賢くなりましょう。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


志望校を下げるな 学力を上げろ

模擬試験の答案が返ってきているので

 

授業の際に生徒に話をしつつ返却しています。

 

現時点で思うような答案になっていない生徒も多いですね。

 

こういうときに何を考えるのかが大事です。

 

一番良くないのは安易に志望校を下げることです。

 

それは単に努力を放棄しているだけですから。

 

学力が不足していて答案が良くないのならば

 

学力を上げれば良いだけです。

 

学力を上げるためには、

 

何をどう上げるかを答案から検討して

 

そのために今から何をやるかを決めて

 

淡々と実行に移して、それを明日も明後日も積み重ねるだけです。

 

これを努力と呼びます。

 

努力を放棄してとりあえずなにがしかの学校に合格したとしましょう。

 

それは単に合格証書を手に入れただけです。

 

人として大きな発展をしたり、新しい自分になるわけではないです。

 

しかしコツコツと努力する能力を受験を通して手に入れたら

 

あるいは、正しい知識と正しい論理を使いこなして

 

学力を上げた結果きちんと合格したなら

 

それはただの合格証書ではないはずです。

 

割り切って考えれば、志望校なんて志願変更の時、

 

受験の直前だって出来るんです。

 

でも、今日の努力は今日しかできないんです。

 

だったら今やるべきは努力の一日目ですよね。

 

今どのような学力だろうが、いいじゃないですか。

 

今から目一杯勉強しましょうよ。

 

そういう事を毎日子供達と話しています。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


計算練習を怠るな

そろそろ各学校で授業が本格的に始まっています。

 

例えば数学では計算にかかわる範囲が多いでしょう。

 

この時期こそ、一番大事にしてほしいものです。

 

どんな分野であれ計算力は身を助けます。

 

ここから先の学習を行う上での基礎となる計算だからこそ、

 

各学年配当で真っ先に割り当てられているのです。

 

この時期の計算学習をおろそかにしたり、

 

まだ難しくないから大丈夫だと油断したりするから

 

数学で良い点数をとれないのです。

 

この時期にどれだけ多く計算練習をしておくのかは

 

この先一年間の学習に大きな影響を与えます。

 

このGWはその計算力を鍛えるためにもぜひ使ってほしいと思います。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


教えるのではなく質問することでも子供は伸びる

小学校低学年のお子さんをお持ちのご家庭で

 

子供たちの学力をしっかりと伸ばせる

 

お母さん達でも簡単にできる家庭学習があります。

 

用意をするのは教科書と辞書、百科事典です。

 

まず子供に教科書を音読してもらいます。

 

お母さんが一緒に読んでもいいですし、

 

子供に自分で読んでもらってもいいです。

 

その読んでいる間に子供が読み方をつっかえた言葉や

 

よく分かっていないのではないかと思われる言葉を

 

子供に質問していくのです。

 

「〇〇ってどんなことだと思う?」

 

「◇◇ってなんだろうね?」

 

それを子供に好きに答えてもらい、

 

その上で辞書や百科事典で調べてもらいます。

 

調べた言葉にマーカーを引いたり、

 

付箋を貼るなどして学習の積み重ねが

 

分かりやすいようにしておくと尚よいです。

 

この音読辞書引きによる学習は

 

お母さんが分からないことがあっても問題ないのがいいところですね。

 

むしろ子供にいっぱい考えてもらうという意味では

 

青木学院で行っている演習授業と相通ずるところもあります。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


カレンダーにテスト日程を書き込んでおく

学校の年間予定表が配布されています。

 

塾にも随時提出されております。ありがとうございます。

 

いろいろ重要な日程が知らされていますが、

 

中学生にとって一番大事なのはもちろん

 

定期テストの日程のはずです。

 

これをプリントに書かれているのみにしてはいけません。

 

日ごろ目にするカレンダーにも転写しておきましょう。

 

目にすれば意識も少し上がります。

 

テストまでの日数を数えるようになります。

 

そう、テストの日程を書き込んだついでに

 

テスト勉強を始める日まで書き込んでおくのがいいですね。

 

おおむね2週間前には試験範囲の発表があるものですから

 

2週間前から試験勉強を始めるように印をしておきましょう。

 

ぼんやりと過ごして慌てて始めるのではなく、

 

ご利用は計画的に。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


相模原中等受験対策の基本は新聞にあり

 

相模原中等受験を希望するご家庭にぜひともやって欲しいのは

 

新聞を生活に取り込むことです。

 

出来れば小学生用の新聞が良いです。

 

ルビも多く、扱われる内容も広がりがあります。

 

用語解説のコーナーもしっかりしているので、

 

新しい世界を広げるにはうってつけです。

 

新聞を読んだら、何でもいいので気になる記事を選び、

 

スクラップブックに張り込んでおくといいでしょう。

 

その上で、記事の気になった部分についてのコメントや

 

関連づけて調べたことのメモも残しておけば上出来です。

 

社会的な出来事に対する興味関心を養っておくことは

 

相模原中等の試験対策になりますし、

 

第一に知識が増えやすくなって世界の面白さを味わいやすくなります。

 

自分なりに文章をまとめる練習にもなりますから、お勧めです。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


小学生も音読です

今日は小学1年生の生徒の授業で音読をやりました。

 

学校での音読が思うようにいかなかったとのことですが、

 

塾で音読してもらうとちょっと違いましたね。

 

堂々と声を出して、なかなかの読みっぷりです。

 

ちょっと直して欲しいな、と思うところを伝えて、

 

一緒に音読の練習をやりました。

 

こういう時に大事なのは、真剣にかつ楽しくやってもらうことです。

 

特に小学生の低学年では、勉強に拒否感が出ないようにと考えます。

 

わざと逆順に読んでもらったり、

 

速く読んだりゆっくり読んだりと色々試してもらいました。

 

迎えいらした保護者さんにご家庭での音読練習のコツと

 

語彙力育成のために今週やって欲しい内容をお伝えして

 

今週の授業終了です。

 

小学生は教室が混雑する時間より早く来てもらえると

 

面と向かっての指導がやりやすくていいですね。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


志望校にふさわしい行動を取る

志望校をどこにしようが、特に問題はありません。

 

特に学年が若いほど、そう思っています。

 

しかし、志望校にふさわしい行動は取るべきです。

 

自分の志望する学校の先輩達が積んできた努力を考え、

 

あるいは志望する学校が同じ同級生達が積んでいる努力を考え、

 

それに比して自分の努力が恥じるものではない、

 

もとるものではないかどうかを考えて欲しいです。

 

無論「他人がどうあれ、我は我なり。ただ犀の如く進む」

 

という姿勢もまた良いでしょう。

 

しかしその独立独歩の自負がないのであれば、

 

自分の行動が志望校にふさわしいかを考えて下さい。

 

自分のまっすぐ進んだ先に志望校があるのか。

 

あるいはそもそも、自分のなろうとする未来があるのか。

 

なりたい自分になれるのか、です。

 

なりたい自分がまだ無い人は、そこから探してみましょう。

 

今日来てくれた中学生とは、

 

なりたい自分の一つとしての進学先の学校探しからお話をしました。

 

これもまた学習道です。

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


動きが速い

毎度の如く思うのですが、配布物の提出と学力には

 

多くの場合相関があります。

 

中には配布物の提出が良くないのに

 

突出した学力を示す生徒もいます。

 

しかし多くの場合、配布した書類の提出が遅いご家庭の生徒は

 

伸び悩みを示していることも経験上の事実です。

 

保護者の動き出しの速さが子供にいい影響を与えているのでしょう。

 

あるいはそもそも学習に対する関心の高さが

 

子供の意識に作用しているとも考えられます。

 

多くの場合、「この親にしてこの子あり」という言葉があてはまります。

 

「鳶が鷹を生む」というのは残念ながら少数派ではあります。

 

子供の意欲を高める為には、まず親が意欲を高めるという手があるのです。

 

親が学ぶ姿勢を示し続ける、努力する姿勢を示し続ける、

 

考える姿勢を示し続けるのならば、子はその様子をじっと見ているものです。

 

 

 

今年もGW特訓をやります。

 

5/3-5/7の連休中に演習授業を行います。

 

厚木高校に合格した生徒も受講した特訓授業です。

 

不得意科目をこの連休にしっかり演習することで

 

単に不得意だという意識ではなく、

 

どこを改善すべきなのかを具体的にわかってもらいます。

 

その上で、弱点を修正するための演習を行います。

 

ダラダラと連休を過ごさないためにも志望校合格のためにも、

 

全力で学習したい生徒をお待ちしています。

 

 

お問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM