残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

冬期特訓申し込み受付中です

塾生に冬期特訓の案内を配布しています。

 

動きの早いご家庭からは早速お申込みを頂いてます。

 

ありがとうございます。

 

子供たちの動きについて「先を見据えて素早くね」「計画的にね」

 

ということをきちんと指導される青木学院の保護者の皆さんは

 

やはり子供の学力の最大の支援者だと言えます。

 

もちろん主役は子供たちです。

 

先日「君が主役だ!塾長なんかとんかつ定食のパセリぐらいのものよ!」

 

と話したら、

 

「じゃあ私はとんかつになります!」と元気よく答えてくれた生徒がいました。

 

その意気や良し、です。

 

私達は私達が選んだ通りの選択の中でしか生きられません。

 

受験を望まない高校の生徒にはなれませんよね?

 

受験を望んだ位高校の生徒になる可能性しかないのです。

 

全ては選んだ自分のはての未来です。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2017年11月21日のつぶやき

15:21
解と公式の関係をKKKって言うのは標準語ですよね?
15:20
RT @math_integral: 今日のインテグラル ぼく「ここでBBBをキメるだよ」 生徒「BBBって何ですか?」 ぼく「部分分数分解のことです」 教室「…(沈黙」
15:16
RT @KatekyoLinks: 何を目指すにも、「これだけで大丈夫」なんてラインは存在しないもんです。計算だったら10問正解するのに100問以上やり抜かないと見えてこない真実はあるし、同じ用語を問われていても視点の異なる複数の問題を経験しないと理解できないことが山ほどある。…

平成29年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況(志願倍率の参考)

平成29年度公立中学校等卒業予定者の進路希望の状況」が発表されました。

 

 

今の中3がどの県立高校に進学したいと考えているかの集計調査です。

 

10/20時点での調査なので、志願倍率の参考程度にお読み下さい。

 

相模原市中央区近隣の県立高校をいくつか抜粋しておきます。

 

高校名   希望者数:募集定員:倍率

相模原高校 414  :278  :1.49

弥栄高校  295  :143  :2.06

麻溝台高校 431  :358  :1.20

上溝南高校 376  :358  :1.05

 

相模原高校は前年度入試が1.14倍と低かったので、

 

今年は現時点での希望者が比較的多く出ています。

 

ここから上がることは考えにくいですが、

 

相模原市トップ高ですから1.3倍を切るほど下がることもなさそうです。

 

普通科新設2年目の弥栄高校が高い倍率です。

 

これは少ない定員が作用しているので、

 

入学試験本番までにはここから下がります。

 

今回の定期試験の結果から麻溝台高校へスライドする生徒が

 

一定数いるので麻溝台高校の志望生は油断をしてはいけません。

 

 

弥栄高校1.5〜1.6倍、麻溝台高校1.35倍辺りを考えておきましょう。

 

しかしこれらはあくまでも参考です。

 

大事なのは自分が入学試験までにどれだけ学力を上げるか。

 

そのために何をどれだけかけてやるのか、です。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


2017年11月20日のつぶやき

20:48
RT @tkom_Jacky: 自分や自分より上の世代にとって「常識」であるようなことも、若い世代にはちっとも常識ではない。だから、当たり前に当たり前すぎるようなことも胸を張って堂々と言っていくことが、次世代への善き教育になるはず。あえて書いておこう。 『究極超人あ〜る』ってい…

本筋から一歩踏み出す質問を

県相・県立相模原高校のような上位高校へ進学し

 

その後の大学受験を乗り切るような心構えには

 

好奇心がとても大きな役割を持ちます。

 

今日は中1の生徒が地理の学習中に

 

「問題には書いていないけれど気になること」をいくつも質問してきました。

 

石炭の用途、石炭の掘り方、石炭の出来方、炭田と地形の関係などです。

 

恐らくどの一つをとっても試験では問われないでしょう。

 

しかし、気になったことをどんどん確認していく好奇心は

 

学習をすすめる大きなエンジンになりえます。

 

また、ここで学習した内容が再びその生徒の前に現れた時に

 

改めて脳が学びを深くしてくれることが出来ます。

 

好奇心を持って得た知識で世界を見回せば、

 

世界の面白さを一歩深く知ることが出来ます。

 

そうすればますます好奇心が強くなります。

 

そういうことを考えながら、高校地理の知識を少しずつ伝えました。

 

これが数年後のその生徒にきっと花咲く知識でありますように。

 

そうでなくとも、世界を楽しく見回せる知識でありますように。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


全ての試験はやり直す

全ての試験はやり直しましょう。

 

定期試験もその例外ではありません。

 

テストが終わった後にできていなかったところは

 

身に付けていて欲しいところを身に付けていないところです。

 

これを積み残しにすればするほど後の受験に支障が出ます。

 

答案が返却された週末に集中的に解き直しです。

 

全く同じ問題であれば正解できるように、

 

つまりやり直しで100点になるまで解き直すのをお勧めします。

 

間違えてから時間がたってやり直すよりも、

 

即復習する方が傷が深くなる前の治療になります。

 

こういう細かいやり直しの習慣が学力の土台を作っていきます。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


予測と観察が計算のコツ

高校生が対象式の計算問題で手が止まって質問に来ました。

対象式は幾つかのコツがありますが、

分数式の場合には通分から因数分解して約分するパターンを覚えましょう。

これは、計算結果に向けて項数や文字数を減らしていく計算が多いことが原因です。

約分で式を簡単にしていきますが、

約分するためには因数分解しておけば楽なことは言うまでも無いですよね。

ここでどの様に因数分解していけばいいか分からない、という質問をもらいます。


これは、予測に基づく観察が足りません。

いずれ約分するのであれば、分母分子に同じ因数(あるいは括弧)があるはずです。

ということは、分母にある因数で整理していくことを考えましょう。

このような予測と観察が、計算をグッと一歩楽に速くしてくれます。

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


思考し続けるための対話

勉強は思考です。

 

日常、思考しない行動を続けている生徒が

 

勉強のときだけ思考ができるわけがないです。

 

日常から思考し続けることで、勉強はできるようになります。

 

そのためには対話が重要です。

 

他者との対話でも自己との対話でもいいです。

 

他者から発信された情報を受け止めて、

 

適切に返信するトレーニングを続けましょう。

 

日頃から、一語で返信できる発話ばかりを子供にすると

 

子供は文章で考えることが苦手になります。

 

文章で考えることは思考の重要な部分です。

 

「何」についての対話だけではなく

 

「なぜ」「どのように」について子供と話して下さい。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


ロバの水飲み問題

理科の問題で出てくる、鏡で反射した光の通り道を作図するテーマなどは

 

最短距離問題として算数・数学で扱う問題の一つです。

 

塾長はこれを説明する時に、「ロバの水飲み」という話をします。

 

単純に説明しても良いのですが、

 

物語として説明したほうが脳に残りやすいだろうと思ってのことです。

 

これは塾長のオリジナルではありません。

 

高校時代の数学の担任・学級担任であった恩師・藤川先生の模倣です。

 

藤川先生は多分一度だけ授業中にその話をしてくださいましたが、

 

数十年たった今でも塾長は忘れずにいます。

 

そして塾講師・家庭教師をやる中でこの屈折最短距離問題を

 

全て「ロバの水飲み」と説明してきました。

 

オリジナルな解法や考え方も良いものですが、

 

力がまだついていないときこそ模倣を心がけて下さい。

 

教わったとおりにきちんと真似をしてみること。

 

その上でより良い作戦はないか批判検討すること、です。

 

いきなり我流に走っては、大体の場合に失敗します。

 

基礎基本は真似からです。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


眠気にストレッチ

眠気には基本的に勝てません。

 

眠くならないようにしておくほうがずっと良いですし

 

万一眠くなったら10分仮眠をとるほうが良いです。

 

でもどうしてもそう出来ないこともあるでしょう。

 

そういう時におすすめなのがストレッチです。

 

筋肉を少し動かして血流を良くして、

 

脳に少し多めに血液を回して酸素を運んでもらえば

 

少し眠気を薄めることが出来ます。

 

おすすめは上半身のストレッチですね。

 

肩の筋肉を利用して血流を良くしましょう。

 

1.肘を曲げて肩と同じ高さになるまで腕を上げる。

 

2.肘を背中側に向けて回し、胸を張る。

 

3.そのまま肩を回して血流を良くするイメージを。

 

4.指を組んで手のひらを前方に押し出すイメージで腕を伸ばす。

 

このようなストレッチでスッキリしたら、また勉強です。

 

1時間勉強したら3分ストレッチするぐらいで大丈夫です。

 

眠いまま続けても効果は薄いので、

 

何かしらスッキリしてから勉強して下さい。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。

 


toiawase.jpg


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM