残席状況 個別演習科 月・金20:00〜3席 火・木19:00〜3席

2017年09月19日のつぶやき

19:24
激しく同意しすぎてデュラハンになるほどヘドバンしたOBです
19:22
RT @t2o_yama: 都立大は洗練された響きを感じたが首都大はなんかダサい (唐突な東京dis
19:22
RT @eisuken2002: 大学受験の時、都立大もなかなかええなと思ったものだが、名前が首都大だったらそうは思わなかったような気もする…。

決まり事を目に見えるように

数学の方程式の立式で躓く生徒は多いです。

 

そのような生徒たちにはいくつかの行動が手助けになります。

 

まずは「何をxと置くのか」を目に見えるように書きましょう。

 

左辺と右辺で異なったものをxと置いて、

 

最初の行からバツを付けられる生徒にはここからの指導です。

 

これを書かなければ自分が何について考えているか不明なのに

 

そのままいきなり立式することは、

 

学力発展途上の生徒には非常に多いです。

 

正解率80%台で伸び悩んでいる生徒にも有効な手助けです。

 

このような手順を面倒くさく思わずに丁寧に立式することは

 

正解率を上げる当然の手順なのです。

 

 

また、線分図も有効な作戦の一つです。

 

方程式は等式としての側面が有ります。

 

何が等しいのかを問題文から考えて、それを式にするのが

 

方程式立式の最大のポイントです。

 

線分図は線分によって数量の大小や等しさを目に見えるようにできます。

 

等しい部分や加減を把握できるのですから

 

等式も立てやすくなるはずです。

 

 

この立式の手順は中1の2学期に学習することが多いですが

 

ここで十分な学習をせずに理解できなければ

 

中2の連立方程式、中3の2次方程式にも関わってきます。

 

通塾の開始が遅くなることで受験に悪影響が出る例です。

 

特に数学が少しでも苦手である生徒は、

 

このタイミングで行動を起こさなければ大変なことになります。

 

苦手であれば理解定着に時間がかかるのは必然です。

 

だからこそ、青木学院の長時間演習が役に立つと言えるのです。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2017年09月18日のつぶやき

13:22
RT @MathEdr: ジャンプで連載中の『僕たちは勉強ができない』で久々に良いセリフきた。 「塾行くだけで成績伸びる」と思ってる生徒、そしてご家庭は一定数いるからね。 https://t.co/g8GEwN4bJ8

思考と行動を止めない 次の策を考える

県相・県立相模原高校のような上位高校からの大学受験を目指すなら

 

「指示待ちのいい子」を作ってはいけません。

 

一見おとなしく扱いやすく見えるいい子かも知れませんが、

 

自主的に行動する癖がついていない生徒は必ず伸び悩みます。

 

真面目に勉強しているように見えている場合でも

 

思考が停止しているだけの場合があるからです。

 

単語について意味を調べるように指示されても、

 

一冊のワークをめくるだけだったり、

 

自分が一度ここかと当て推量をしたページから離れなかったり、

 

上手く行かない時にその場で立ち尽くすような行動が見えたら

 

それは赤信号だと思って下さい。

 

その時に安易に生徒に指示を出せば

 

それは指示待ち人間であることを続けてしまうことになります。

 

考えて決めて動く人間でなくては

 

県相からの大学進学などで思うように伸びることはありません。

 

ですから、日頃から判断して決定して行動してもらえるように

 

周囲の人間が接さなくてはいけません。

 

一人の人間として扱わなくてはいけません。

 

時間はかかりますし、じれったく思うことも多々有ります。

 

それでも、子供たちに将来自主的に学べる人間になってもらうためには

 

そうなるように私達大人が行動するのは当たり前です。

 

手取り足取り教えないことがあるというのはそういう意図です。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


こらえる

数学が苦手な人の多くはこらえません。

 

考えて解く問題や分類して解く問題をこらえません。

 

大雑把にえいやっとやって正解することを望みます。

 

数学が得意になりたいならばこらえてください。

 

問題を解いた回数でも一問あたりでいいですが、

 

考えた量を増やさねばならないのです。

 

考えずに解いた問題を増やしても意味がありません。

 

なぜそれが正解の手順となるのかを

 

誰かに聞かれても説明できるようにならねばなりません。

 

そのためには適当に式を立てるような行動は慎みましょう。

 

何となくで正解する力はあなたにはありません。

 

辛抱強く考え、覚え、書き出し、分類し、試さねばなりません。

 

それを放棄して得点上昇はありません。

 

楽しようがないのが数学です。

 

でも、解けるようになればこれほど楽なものもないかもしれませんよ。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


親世代の情報で判断しない

先日保護者さんと面談をした際に改めて思いましたが、

 

一部の保護者さんには自分が中高生だったころの

 

高校や受験に対する知識に頼る傾向が見えます。

 

お父さん・お母さんの時代とは、

 

高校受験の高校別難易度も、入試制度も違います。

 

残念ながら廃校になった高校もあれば、

 

ア・テストのようにもう消滅した制度もあります。

 

年の離れた兄弟姉妹や従妹のころとは

 

また違ってしまっている点さえあります。

 

学校・塾などを通じて情報をきちんと仕入れていきましょう。

 

現在通われている塾が無い方は、

 

青木学院までご連絡いただければ面談でご案内します。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2017年09月15日のつぶやき

19:36
同様の、もう少しレベルの低いことが整数と小数と分数を入れ替えた文章題でも多々起こる。計算の手順を確認する意味での式を重視せずに頭に浮かんだ数字でなんとかしようとするタイプに多いように感じる。
19:33
RT @sigma_seminar: y=3x^2でx:1→3のときの変化の割合 y=ax^2でx:1→3のときの変化の割合 y=3x^2でx:t→t+2のときの変化の割合 「同じ手順を同じようにたどれ」といくら言っても、ぜんぜん違う計算し始めるのよね。。。 これらが別物に見…

小テストの答案から

中央中で行われた数学小テストの答案が返却されています。

 

きちんと提出する生徒もいれば、しない生徒もいます。

 

そういう日頃の得点への意識がそのまま出ていたようですね。

 

点数の良し悪しにかかわらず、

 

答案では途中式の様子を確認してコメントしています。

 

今時分にとって必要な行が書けているかどうかは

 

どのような意識で取り組めたかの現れですからね。

 

「緊張していた」と語ってくれた生徒は、

 

出だしの一問で普段と全く違う解き方をしていたことで分かります。

 

案の定、途中で計算ミスが出ていましたね。

 

いつもどおりの答案を残せた生徒はミス無く満点でした。

 

その上で、生徒たちに計算の工夫の手順を改めて確認してもらいました。

 

日常の有り様が大舞台に現れることはとても多いです。

 

次の舞台までに、今日の工夫を自分のものにして下さい。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


2017年09月14日のつぶやき

15:15
RT @yuroti_sensei: 学生時代、ひとつのことに打ち込むのは大切かもしれない。 でも、部活、週7も必要? その道のプロにならない99.9%の子どもたちは、それ以外の可能性(選択肢)を見つける機会を失っている。 そして、そのこと自体に気付かない。いや気付けない…

共和中定期テスト2週間前

共和中の生徒が定期テストの範囲表を提出してくれました。

 

テスト2週間前ですね。

 

前回の定期テストでは本人なりに不本意なところもあったのでしょう。

 

今回はきっちりと打ち合わせをするところからやり直しです。

 

基本的な動作手順の確認から、

 

学習を圧縮して進めるための考え方から、

 

改めて定期テストに向けての行動を確認してもらいました。

 

やるべきことが目に見えているのですから迷うことも減るはずです。

 

幸い共和中の先生は、計画表も作りやすいように配布して下さってます。

 

これに乗っからない手はありませんよね。

 

まずは今週末が勝負になりますから、そこで指示通りに動いて下さいね。

 

直前だけに勉強をするのは努力ではありません。

 

 

相模原市中央区矢部の青木学院へのお問い合わせはこちらから。


toiawase.jpg


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
twitter!
miz_1149をフォローしましょう
短期集中講座
◎県相受験への国語/大学受験への国語  2時間×5日間で県相受験・大学受験のために必要な国語の解法のコツをお伝えします。  他の教科は順調なのに、国語だけがどうしても!という生徒を募集します。  国語を感覚で解かず、理屈と手法と知識で解くことで  安定した得点が取れるようになります。
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM